1000円カットは使い方を間違えなければダサくない!正しい使い方は?


「1000円カットはダサくなる」という誤解

1000円カットについてダサいというイメージを持っている人は多いです。しかし、決してそういうわけではありません。1000円カットで失敗するのは、多くの場合、使い方を間違えているからです。むしろ、1000円カットで働いている理容師さんはかなりの技術者です。1000円のカット料で採算が出せる実力があるのですから、平均的な水準よりも技術でいえば上になるでしょう。うまくいかない場合、思うような髪型にならなかった場合は、相性が合わなかった、希望が正しく伝わらなかったなど、技術とは別のところに原因がある場合が多いです。1000円カットだからダサくなるのではなく、ダサくなるべくしてダサくなっていしまったのです。

1000円カットをうまく使うには?

1000円カットで上手に仕上げるためにはコツがあります。そのコツは、まず「イメージを共有する」ことです。カタログの写真やうまくできているときの自分の写真を見せるなどの方法を用いましょう。コミュニケーションに時間を避けない1000円カットでは、このイメージの共有に失敗するためにダサくなることが多いからです。回数を重ね、イメージの共有がうまくできるようになると安く見栄えよく、速く仕上がります。また、大幅にカットするのではなく、少しだけカットするようにするのも手です。結婚式や大事な日の前に手入れをする程度の使い方なら、理容師さんも時間に余裕があるので丁寧に仕事をしてくれます。万が一失敗があっても、ダメージも大したことがありません。1000円カットを上手に使うためには、いかに理容師にコミュニケーションや作業の時間を合わせるかが大事です。適当にコミュニケーションを行ってしまうと失敗しやすいため、短時間にうまくイメージを共有しましょう。

1000円カットを開業するためには、数百万円の資金を用意する必要がありますが、従業員の採用や店舗の広告といった手間が掛かる作業をフランチャイズ本部に任せることが可能です。