自分でつくれる!?電気製品の自作してみよう


自作の電気製品で生活

電気製品は、道具があれば個人でも作れるものが多いです。例えば、Iotの中心になるスマートスピーカーも、簡単に組み立てられる自作キットが販売されています。電気製品の自作というと、基盤に配線をはんだ付けしていくイメージがあるでしょうが、そういう作業すら必要がない自作キットもあるので気軽に挑戦できます。しかしながら、自作するときには注意するべきこともあります。パーツの取り付けが不十分だったり、ケーブルに傷がついてしまうなどのトラブルが発生すると動きません。また、電気がショートして引火したり、粗悪なバッテリーを買って爆発することもあります。作業をするときには安全に配慮しつつ、消火器等の準備をしておくと良いでしょう。

電気製品を自作する理由

家電量販店やネット通販で市販品を購入すれば、簡単に使えるものをなぜ自作する必要があるのかというと、ひとつは創作の喜びを得られるからです。自作では失敗することもあるでしょうが、それを経験として蓄積し次回につながれば成功する確率高まります。そうして、試行錯誤の末に思い通りの電気製品ができたときには達成感を得られるでしょう。

電気製品を自作するもう一つの理由は、性能を追求できることです。良い音を求めてスピーカーやアンプに大金を投じるオーディオマニアのように、電気製品に高い性能を要求する人は多いです。市販品の品質で納得できないときには、新製品が出るのを待つよりもパーツを厳選して自作したほうが早いです。自作であれば、パーツを交換することで性能をアップデートできる点も魅力です。常に、高品質の電気製品のある環境を整えられます。

電子機器内の主要部品のベースとなる部分の設計です。プリント基板設計は電子部品の実装位置を決め、配線でつなぐ回路図を設計します。