何を習得するの?社員研修で身に付けたいこととは?


新人社員研修で身に付けたいこととは?

新人社員研修の目的は、仕事をする上で大切なマナーやスキルの習得、会社の方針や理念の理解などです。入社前もしくは入社後すぐに新人社員研修を行うと、新入社員の教育ができるだけでなく、早期離職者を防止することもできます。特に身に付けたいのが「ビジネスマナー」です。ビジネスマナーでは、ビジネスに相応しい話し方や言葉遣い・振る舞い・服装などを習得します。また、ビジネスメールや文書の作成・連絡や報告の仕方・電話応対の方法も学び、相手に失礼のない対応を身に付けることも大切です。新人社員研修では、対人力を習得するための研修もしています。取引先や上司・同僚の気持ちを読み取りながら、自分の意見を発言する教育もしているのです。

中堅職員やリーダー職の研修で身に付けたいこととは?

中堅職員やリーダー職の研修では、指導者やリーダー・取りまとめ役としての能力を身に付けることができます。現在の中堅職員やリーダー職が参加するだけでなく、次世代リーダーの育成として利用するのも可能です。研修方法は公開講座や社内講座への参加、e-ラーニングなどの方法があります。特に中堅職員になると業務内容が多く、全ての講座に参加できるとは限りません。自分の好きな時間に勉強できるe-ラーニングは、融通が利きやすい研修方法として利用され始めています。研修内容では、コミュニケーション能力や意見をまとめられる力の習得が必要です。座学だけでなく、ディスカッションなどの実践を通して身に付ける研修もあります。

管理職研修は従業員の管理や教育を行う管理職の人員を育成するためのプログラムです。業務の円滑化や従業員の関係を良好に保つためには必須とされています。