企業が行う適性検査の効果とは?どうして適性検査をするのか


適性検査とは?どんなテスト?

適性検査とは就職活動や転職活動などの採用試験のときに行われる検査で、採用するときの判断材料の一つとして用いられます。候補者となる人物に能力がどのくらいあるのか、企業の方針や考えに合う性格の持ち主なのかが分かります。さらに就職試験や転職試験だけでなく、学校の入学試験で行われることもあるようです。適性検査には大きく分けて2種類あり、学習能力を調べるものと性格検査です。学力検査は職務をこなすときに必要なスキルはあるのか、仕事のプレッシャーに耐えることが出来るのかを調べます。性格検査は候補者の性格を調べるもので、色々な質問に答えていくスタイルです。情緒特性や人間関係特性、行動力などを調べられるテストになっています。

適性検査の効果とは?メリットは?

適性検査の効果として挙げられるのは、候補者となる人物の評価を客観的に出来ることと社内での選考基準を統一することが出来ることです。人事担当者が採用活動を履歴書や職務経歴書などの書類選考と面接だけで行う場合、担当者の主観が入ってしまうことがあります。また、担当者によって候補者の評価が分かれ、誰を採用するのか迷ってしまうことは少なからず起こり得ます。適性検査をしていれば候補者の価値観や性格を見極めることができ、客観的に評価しやすくなります。

他にも、適性検査の結果からある程度選考基準を決めておけば、沢山の採用担当者が関わっても同じように候補者を評価することが出来るのもメリットです。応募者が多い企業は採用活動に時間が掛かりますが、選考基準に沿って判断出来るので選考時間の短縮にもなります。

適性検査をすることで職業や職種、学科に適しているかを判断することができます。その結果をもとにして企業や組織に合った人材かどうかを確かめるために行います。