どれくらい発電できるか知っておこう!!エコな理由も知りたい!!


太陽光発電装置でどれくらいの電気が得られるか

家電製品を使うには電気が必要で、各家庭に送られてくる電力会社からの電気を利用するのが一般的です。ただ、電力会社の発電では環境にやさしいと言えず、発電時に二酸化炭素の排出がない太陽光発電装置の利用が各地で進められています。各家庭でもソーラーパネルを設置すれば発電ができますが、実際にはどれくらい発電できるのか知っておくと良いでしょう。日照時間などで発電量が異なるので一概には言えませんが、1年間のうち約13パーセントにおいて太陽の日照が受けられると考えて計算すると、10メートル四方のパネルで約1世帯分の電気が賄えるようです。実際は10メートル四方よりも小さいパネルしか載せられないため、足りない分は電力会社から供給を受ける必要があるでしょう。

なぜ太陽光発電はエコなのか

地球上には多くの資源があり、石炭や石油、ガスなど化石エネルギーにより発電をしたり、自動車を動かすことができます。ですが、石炭などを燃焼すると二酸化炭素などが発生してしまい、それが地球に良くない影響を与えます。電気製品などは非常に便利ですが、知らないうちに地球の環境を悪くしてきました。現在はできるだけ環境にやさしい発電の仕組みが開発されていて、その一つとして太陽光発電があります。太陽光発電がエコと言われる理由としては、まず発電時に二酸化炭素などを出さない点が挙げられます。さらに発電時において発電装置への負荷があまりかからないため、長期的に発電装置が使えるのもエコと言えるでしょう。負荷がかからないので故障も少なく、修理の必要性も低いです。

太陽光発電設置を検討する人にとって、太陽光発電の価格は気になります。いくつか比較検討すること、自治体の補助金等も確認の上、購入を決定しましょう。